セットバック付きの土地が有ります。


建築による法律で定められているセットバックは注文住宅で家づくりを行う場合は注意が必要です。

お勧めのさいたま市の注文住宅の人気が上昇しています。

家づくりには色々な決まりが有りますので、土地を購入して注文住宅での家づくりを行う人は土地を購入する際には注意が必要なのです。

セットバックは道路の中心から敷地の境界線までの距離が2メートルに満たない場合、敷地を道路の中心から2メートル以上になるように後退させる必要が有る決まりです。
これは家を再建築する際に適用されるため、道路との隣接面が多くあり、道路の幅が短いとセットバックする面積は広くなり、建築出来る面積も狭くなってしまいます。注文住宅には土地が必要不可欠であり土地探しをする場合には注意をしなければなりません。


尚、家を建築出来る条件として、道路との隣接面が2メートル以上必要になると言った事も覚えておかないと、建築許可が下りないと言った事態を招く恐れも有ります。

今、最も注目を集めるふじみ野の注文住宅をあなたに紹介致します。

大半の不動産会社はこのような物件を紹介することは有りませんが悪質な業者なども無いとは言い切れませんので注文住宅での家づくりを行う時は知識として持っておくべき事があるわけです。

また、幅が2メートルに達していたとしても、駐車場を作る場合には幅が足りるのかや、通路を作る事が出来るかと言った確認も大切です。

仮に、駐車場を作るだけのスペースが無い場合や、スペースが在っても一台しか収容出来ない場合など二台所有している時には近隣に駐車場の有無などの確認も大切です。



Copyright (C) 2015 注文住宅とセットバックについて All Rights Reserved.