相続税の改正について

2015年の1月1日から相続税が大きく改正されます。
この改正によりまして相続税としましては大増税と考えられておりますので注意が必要となります。

具体的な変更点としましては、従来の相続に対する税金としましては、5000万円プラス1000万円×法定相続人の人数で計算される金額よりも相続金額が低ければ課税対象から外れていたのですが、今後の課税対象としましては3000万円プラス600万円×法定相続人の人数で計算されることになり、この金額より多い部分が相続税として課税対象とされることになります。

そのために考えられますのは、金融資産を数千万円持っていて首都圏などに一軒家を構えていれば課税対象となることは間違いないと言えるでしょう。

相続税の特徴をご紹介するサイトです。

このことから相続によりまして税金がかかってしまう対象者は大幅に増加が見込まれておりますので、対策を考えておかなければなりません。



この対策としましては生前贈与の活用が挙げられるのですが、これは相続が発生する前に子供や孫などに年間110万円ずつ贈与する方法であります。



年間110万円の贈与の場合には基礎控除内となりますので贈与税がかかることが無く、したがってこの方法は相続税の軽減につながるとされております。しかもこの方法は対象者が子供だけではなく、お嫁さんやお孫さんにも適応される事も重要であるとされております。さらに教育資金の一括贈与の場合にはさらに特別な贈与税の非課税措置がありまして、一定の条件内におきましてお孫さん一人当たり1500万円まで贈与税が非課税となるものであります。