• 薄毛の予防、ストレスの解消を

    男性の場合には、薄毛が進行する場合、頭頂部、前頭部などから始まります。
    徐々に、進行していくため、初期の段階では気づきにくいこともありますが、進行し、薄毛が目立つ状態になると、周囲からその状態に気づかれてしまうため、できれば予防しておきたいと考える方もいるでしょう。



    しかし、薄毛は高齢な方だけでなく、比較的若い世代であっても抜け毛増加により悩んでいる方もいます。


    そのため、予防したい場合には、若い時期からしっかりと対策をしていく必要があります。



    抜け毛などが増加してしまう原因としてはいろいろなものが考えられますが、その一つがストレスによるものと考えられています。ストレスは、溜め込みすぎてしまうと、体にとって悪影響を及ぼし、また、精神面においても不安定な状態になりがちです。

    悪化すると、うつ病などの精神的な病などに悩まされることもあるため、心身共に健康を維持したいと考えるならば、ストレス対策をしていくことは重要です。

    薄毛対策としても、ストレスの解消をしていく必要がありますが、抜け毛増加の原因になぜストレスがかかわってくるかというと、自律神経、そしてホルモンバランスの乱れが生じやすくなるためです。


    自律神経の乱れにより発汗作用の乱れが生じ、肌の衛生環境の悪化につながることもあり、頭皮に汗を多量にかいてしまうと、抜け毛増加の原因になります。


    また、ホルモンバランスの乱れは、皮脂の分泌量増加につながることもあり、それが毛穴を詰まらせ頭皮環境の悪化、抜け毛増加につながる可能性もでてくるため、できるだけストレスを解消していけるように、生活状況の改善をしていくことが大切です。